FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekosukiring.blog84.fc2.com/tb.php/391-8dc69950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

始まりの地、そして憧れの地へ

2年前、行ってみたいとずっと思ってて、初めて行った立山アルペンルート。
軽い気持ちで登った雄山でしたが・・・ 登山道に咲く可憐な高山植物、稜線上からの絶景、そして登頂の達成感に下山のちょっとアスレチック的な楽しさにすっかり魅せられてしまいした。

それから登ってきた百名山は24座、その他にも登ってきた山はもう幾つになるかわからないほど。

そして山のレベルも標高差1000m弱から1,500m越えも経験して、宝剣山や西穂高岳で岩稜、雪山にも登ってきました。


元々どれほど体力があるほうではありませんし(まあ、割と筋力だけはあるほうなのですけど)、運動神経もたぶん平均以下。



それでも・・・ ついにここまで来ましたよ~。


DSC_2783_Raas.jpg

一般登山道では最難関と言われている剣岳、登っちゃました~。





結果報告が先になってしまいましたが・・・今回のお盆休み、実は11連休でした。
で・・・ 行先を色々検討した結果、まず最初に目指すことにしたのが剣岳。

この夏はお天気がちょっと不安定(湿度が高いですよね)ので、高山のお天気は更に微妙な感じでしたが、8/10は何とかお天気は持ちこたえてくれそうということで、8/9の夕方~8/10深夜に立山まで移動。
仮眠時間は3時間程なので、難関の山に挑むには少し不安もありましたけど、テンションも高いせいか寝不足の感じもなし、始発2本目のケーブルカーでいざ立山の室堂へ。


DSC_2710_Raas.jpg

二度目の立山。
左端に僅かですが目指す剣岳が見えています。
2年前には剣岳を目指すなんて、考えてもいませんでしたね。


DSC_2722_Raas.jpg

剣岳へのルートはまず、いったん雷鳥平まで下って、沢を渡ります。
スタート地点の室堂は2450m、そして剣岳は2999mなので単純に標高差を見る大した事ないんですが・・・・ この下って登るのを繰り返すのが中々大変。


DSC_2728_Raas.jpg

雷鳥平からは雷鳥坂の急登。

DSC_2729_Raas.jpg

そして別山乗り越え。
登ったのは8/10なので連休前日なのですが(ここがとっても重要、8/11だと大混雑のはず)、山小屋へは連休に備えて物資を運ぶヘリがひっきりなしに。



で・・・ 別山乗り越えからは、再び下って今晩のお宿、剣山壮へ。 

と思ったら・・・・ まさかのミスコース。

剣御前に向かってました(この先は廃道となっててピストンコース)。
でも、アップダウンは少ないし、何と言ってもこのコースは素敵なお花畑&剣岳の展望が抜群~。

DSC_2744_Raas.jpg

DSC_2747_Raas.jpg


目指す剣岳が目の前(山頂はガスの中ですけど)、こうして近くで見るとホント岩だらけ&絶壁に見えます。
流石雪と岩の殿堂と言われるだけはありますね。
ホントに登れるのでしょうか・・あ



剣御前から別山乗り越えに戻って、いくつか雪渓を越えて剣山荘へ。

DSC_2751_Raas.jpg

DSC_2753_Raas.jpg

ここまでの所要時間は3時間半、時刻は11時前です。
ミスコースで1時間弱時間をロスしましたけど・・・ まだ時間的には十分余裕。


ということで、エネルギー補給して、いざ剣岳へ。

DSC_2754_Raas.jpg



ここからは岩だらけの急な斜面の連続になります。
ということで、先日用意したヘルメット装着(山荘でレンタルもあります)。

気を引き締めて~。



DSC_2756_Raas.jpg

程なくすると早速最初の鎖場。
事前の情報収集によると1~13まで鎖場があるようです。

でもまあ、最初のほうは全然楽々。
鎖を使わなくても十分登れちゃいます(基本、ロープや鎖は極力使わない派)。


DSC_2757_Raas.jpg

DSC_2759_Raas.jpg


でも流石に岩だらけ&段差も大きくかなりの急登。
体力はかなり持っていかれるので、足にはかなり堪えます。



DSC_2762_Raas.jpg


この辺りになると流石に鎖がないともう無理。
斜度は垂直に近いし、沢山登られていますから、岩も滑りやすいです。


DSC_2773_Raas.jpg




そして剣山荘から登る事、2時間弱。
ついにここまでやってきました。

DSC_2778_Raas.jpg


剣岳最大の難所といわれるカニのたてばい。
ほぼ垂直な落差14m程の岩壁です。




でもまあ、ちゃんと鎖もありますし、足場のないところには杭もありますので、意外に平気。
怖いのは垂直の壁や高度感じゃなくって・・・ 足の状態でした。
流石にここまで5時間以上歩いてますので・・・ もう無理が効かない状態で・・・ 左足が・・・



DSC_2779_Raas.jpg

力任せに強引に登ろうとすると吊りそう・・・ 流石にこの場所で吊るのはね・・・・
ということで、左足を庇いつつ、慎重にクリア~。

山頂まであともう一息です。



DSC_2787_Raas.jpg

DSC_2785_Raas.jpg

そして、百名山25座目の剣岳、無事登頂です~。
残念ながらガスガスで展望は無しですが、その分登山者も少なく(一般的には初日は山荘前泊、翌朝登頂のようですので時間的にも)、ゆっくり達成感を味わう事が出来ました。



下山はまずカニの横ばい。

DSC_2788_Raas.jpg

ガイド本にも書かれていますが最初の一歩目の足場が目視できないので、最初の一歩は勇気がちょっと必要かもですが足場自体はかなり広いので全然余裕。
鎖に掴まりつつ、写真も撮れちゃいます。



DSC_2789_Raas.jpg

そのあとは垂直の梯子。
これも楽々ですね(お仕事ではもっと長い垂直の梯子を片手に荷物を持った状態で上り下りしたりしてますし)。


そして、振り返ってみるとガスの合間からちょっとだけ剣岳が。
またいつか会いに来ますよ~。

DSC_2794_Raas.jpg




で・・・  剣岳、たくさんの鎖場に大きな岩の連続の登山道なのですが・・・ 実は一番緊張したのは前剣(剣山荘から剣岳へは一服剣、前剣の二つのピークを越えます)の下り。

かなりの急斜面&ガレガレ。
転倒が怖いということは無いんですが・・・ すべて浮石といった感じ&急斜面なので石を落とすとどこまでも転がっていきそう・・・
先を行く人に当てちゃうと大変・・・ ということで小石一つ落とさないように、ものすごーく神経を使う斜面でした;



DSC_2795_Raas.jpg




そして無事剣山荘まで。

DSC_2797_Raas.jpg



行動時間は8時間越え。
これまでで最長、流石に疲れました~。



DSC_2803_Raas.jpg

そして初めての山小屋泊。
連休直前(ここが今回最大のポイント)&午前中にチエックインなので、寝床は窓際の2段ベットの上の特等席&お隣も1区画空いてる状態なのでとっても快適でした^^(しかも剣山荘はお水汲みみ放題、おトイレは水洗という山の中とは思えない快適さ)。



そして翌朝、お天気は曇りですがなんか一瞬だけご来光も(ちなみに大半の人はこの時点ですでに剣岳に向けて出発済み、山の朝はホント早いです)

DSC_2808_Raas.jpg




下山ルートは、来た道を戻るか、大汝山~雄山経由で戻るか悩んでとりあえず、どちらでも選択可能な別山方面に。

DSC_2813_Raas.jpg

残念ながら真っ白&結構強風。
ここからは尾根道なので更に風は強まりそうです。


ということで、無理せずに別山乗り越えまで下って、新室堂乗り越えルートで下山。

DSC_2818_Raas.jpg

この新室堂乗り越えルート、とっても素敵なお花畑^^
ちょっと歩きにくい個所もありますが、おすすめルートかも。

DSC_2825_Raas.jpg

そして雷鳥平まで下山。
ここから室堂のバスセンターまで最後の登り返し。
これが今回で一番きつい登りだったかも・・・・

そういえば、行きにすれ違った登山者さんもかなり息切らしてましたね・・・
大した坂じゃないのに~ と思ってみてましたけど・・・ ゴメンナサイ;
とっても大変でした;;



そして坂を上り切って無事室堂へ。

と、思ったら最後のご褒美.。


DSC_2831_Raas.jpg

雷鳥さん~(小さい子供も2羽いましたよ)。
まさかこんなところ(観光j遊歩道、緑が池傍)で会えるとは~。





DSC_2839_Raas.jpg

そして室堂ターミナルは8/11の山の日ということで人でいっぱいでした(TVの取材も)。
今日、明日の剣は大渋滞かもですね・・・・。


憧れの剣岳&初めての山小屋、楽ではありませんでしたけど最高に楽しい山行でした。
山ってホント素敵ですね~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekosukiring.blog84.fc2.com/tb.php/391-8dc69950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

yukanan

VTR、WR、KSR、MSX125、クロスカブ110の5台で広島を中心に走ってます。
自転車も3台となりましたので、車と合わせて、ついに20輪生活に。

何だかこのところ、山の比重が急激に上がってます。

Extra

プロフィール

yukanan

Author:yukanan
VTR、WR、KSR、MSX125、クロスカブ110の5台で広島を中心に走ってます。
自転車も3台となりましたので、車と合わせて、ついに20輪生活に。

何だかこのところ、山の比重が急激に上がってます。

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。