Entries

寒いですが

週末は寒かったですね~。

東広島の最低気温は-10℃とか・・・ -5℃程度はいつものことですが、二桁は久しぶりかも。


ただ、広島では県北での積雪もかなりあったようですが、東広島は冷え込みは厳しかったものの、積雪はそれほどでもなかったですね。

家の前はこんな感じ。

DSC_2139_Ra.jpg

1/25の月曜日の朝。数センチといったところでしょうか?


ちなみに私はこの日、振休でお休み~。


さすがにこの状態だと遠出というわけにはいきませんが・・・ せっかくの新雪!(しかも気温低いのでサラサラ)

これは、楽しまない手はありませんね^^。



ということで~。

DSC_2137_Raa.jpg

DSC_2138_Ra.jpg


ちょっと近所をKSRさんで雪遊び。

小さくて軽いKSRさんなので多少滑っても足を着いてリカバリー出来ますし、新雪なので結構グリップしてくれてなかなか楽しい^^。
アクセルターンも、自由自在と言った感じですね~。

さすがに圧雪上だと慎重に走らないといけませんけど、乾いた新雪を走るのは楽しいです(深さ的にも丁度いい感じですし)。



そして、寒いと言ったら、この一年ちょっと何度も通ってる中国東北部。

行くと帰りに必ずお土産を渡されるんですけど・・・・


DSC00241_Ra.jpg

DSC00240_Ra.jpg

DSC00238_Ra.jpg


一番多いのが、高麗人参や鹿茸どの漢方系(中国東北部の名産品ですからね)。

ただ・・・ 普通日本人だと・・・ これどうやって利用する(食べる?)のが良いのかわかりませんよね;;


ちなみに、一番下の写真の人参(標本みたいに根っ子が広げてあります)は、かなりお高いはずなのですが・・・・(証明書を見るとたぶん貴重な天然物)

大半はご近所さんに配りましたけど、まだ幾つか家にも手付かずで置いたまま。



流石に捨てちゃうのは、色々心苦しいので有効利用を考えたところ・・・・ 参鶏湯にすれば良いんじゃ? という結論に。

高麗人参って、苦いらしいですから食べるのは厳しいですが、スープにすれば大丈夫そうですし、雪でお出かけも出来ないので時間も十分(煮込みに2時間以上必要みたいなので)。

高麗人参は血行促進効果がありますから、寒い時に食べると温まりそうですしね。


レシピを検索してみると具材は結構自由みたいですが、基本は骨付き鶏肉、もち米、高麗人参、クコの実、松の実、ナツメグ、ショウガ辺りみたいです。
(私は骨付き鶏肉、もち米、高麗人参、クコの実、松の実、ショウガ、ニンニク、ネギで)


調理方法は、下味を付けておいた鶏肉に残りの具材を入れて、浸る程度の水を加えて煮るだけ(灰汁とりは必要ですけど)なので、とっても簡単。

但し、煮込む時間は2時間以上かけてじっくりと。


ということで、具材を用意して~

DSC00242_Ra.jpg


煮込めば完成^^

DSC00244_Ra.jpg


お味の方は、高麗人参独特の風味はありますが、きつくないですし、もち米の&鳥からのとろみが良い感じ。

そして何より、素材の旨味がしっかり出たスープが◎


初めて作りましたし、お店で食べたことないですけど、これはかなり良いかも~。

時間はかかりますから平日に作るのは無理ですが、簡単なので時間のある休日にはまた作ってみたいですね^^






















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekosukiring.blog84.fc2.com/tb.php/307-8f56b9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

yukanan

VTR、WR、KSR、MSX125、MT-09トレーサーの5台で広島を中心に走ってます。
自転車も3台となりましたので、車と合わせて、ついに20輪生活に。

何だかこのところ、山の比重が急激に上がってます。

Extra

プロフィール

yukanan

Author:yukanan
VTR、WR、KSR、MSX125、MT-09トレーサーの5台で広島を中心に走ってます。
自転車も3台となりましたので、車と合わせて、ついに20輪生活に。

何だかこのところ、山の比重が急激に上がってます。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード