Entries

新装備

6/6~13まで、またまた中国に行ってました。

お仕事のほうは、まあ・・・色々あって大変ですけど、やっぱり知らないものを体験できるというのは良いですね。



DSC_1206_RRs.jpg

こちらは中国の昔の農家を再現したレストラン。
日本で言うと、古民家レストランといったところでしょうか?

DSC_1199_RRs.jpg

DSC_1203_RRs.jpg


出される料理は、大釜(レンガ積みの薪炊き釜)で、豚とガチョウ、ジャガイモなんかを煮込むとってもシンプル&豪快なもの~。
釜の周りには、とうもろこしの粉末を練ったものを貼り付けて一緒に蒸し焼きに。

薪の強い火力で炊く時は結構迫力です(ただし、来店から食べるまで1時間半くらい掛かりますが;)。
お味のほうも、素朴且つ素材の味がしっかり出てて◎でした。

自分で旅行では、まず行かないようなところですから・・こういった体験が出来るのは貴重ですね(まあ・・・白酒の乾杯攻撃に耐える必要がありますけど;)。


そして、今回は青島経由の便だったので、帰りには青島ビールも堪能^^(ビール博物館の前で、堪能させていただきました)

DSC_1208_RRs.jpg

DSC_1211_RRs.jpg




そして1週間ちょっとで帰国してみますと、注文してたものが届いてました~。
まずはこちら。

DSC_1212_RRs.jpg

ヤマハ純正のリアキャリアです。
トレーサーさんはツーリング用なのでキャリア&トップケースは必須ですよね。

でもこのキャリア、ユーロヤマハのトップケース専用品です。
ほんとはGIVIさんのモノキー用が欲しかったのですが(ユーロヤマハのトップケースは、あの赤色が・・・)・・・納期的な問題があって入手容易な純正品となりました。

でも、トップケースはすでにGIVIさんのものを発注済みだったりして;
まあ・・・たぶん加工すれば装着できるでしょう~ ということで。


取り付けはさすがヤマハの純正品。
とっても簡単。

DSC_1213_RRs.jpg

純正の荷掛けフックの間にステーを挟んで~


DSC_1214_RRs.jpg

荷台のベースをつけて~(GIVIさんのケースを装着するなら、ここに自作ベースプレートを装着ですかね?)


DSC_1216_RRs.jpg

天板をつけて完成!
簡単ですね^^。

まだトップケースははないので、当面はここにシートバックを装着ですね(タンデムシートにつけると乗降りが大変なので;)。




そして、届いたものその2

DSC_1217_RRs.jpg

ゴールドメダルさんのスラッシュガード(MT-09用です)。

トレーサーさんは、車体からエンジンが結構出てますから(やっぱり、この辺りはシングルやツインとは違いますね)転倒すると、クランクケースカバーを割って自走できなくなる可能性大ということで。
まあ・・・アスファルト上なら転倒することは、まずないとは思うんですけどね(WRさんは土の上では数え切れないくらい転倒してますけど)。


この転倒対策としては、多くの方がヤマハ純正のスライダーを装着してると思いますけど、私がGMを選んだ理由としましては・・・

1.ヤマハ純正のものは、エンジンガードとの併用が前提。
2.転倒するなら、ダート上の可能性が高い(ヤマハ純正はガード範囲がピンポイント)
3.軽いものが良い(GMさんのはアルミ)&見た目上目立ち過ぎるのもちょっと・・・

ということで、軽くて比較的広範囲にガードしてくれる&でもあまり目立たないGMさんに。


取り付け方法は、まずエンジン下の純正ボルトを交換(貫通してるとは最初思ってなくて、ちょっと戸惑いましたけど;)。

方法は、プラハンで叩いて付属のボルトで純正ボルトを押し出すように。

DSC_1218_RRs.jpg

ちなみにマニュアルには、チェンジペダルを取り外してからと書いてありますけど、外さなくてもOKです(ちょっと押し下げれば干渉を避けることが出来ます)。


この後は、付属のステーを取り付け&エンジンマウントの上側のボルト外してガードを取り付け。

DSC_1220_RRs.jpg

DSC_1221_RRs.jpg

車体とガードの間にはゴムクッションも挟みます。

あとは規定トルクの45N・mで締めれば完了。
部品の寸法もきっちり出てるので、工具がちゃんと揃ってれば30分もあればOKと行ったところでしょうか(私は最初のボルトでちょっと悩みましたけど;)?

必要な工具はこんな感じ。

DSC_1222_RRs.jpg

トルクレンチ&ラチェットレンチ+エクステンション。
6mm&8mm六角ソケット(トルク管理が必要ですので6角レンチではダメなのです)、14mmソケット。
そして、エンジン下の貫通ボルトを押し出すためのプラハン。

これだけの工具をそろえると、それなりの費用になりますから・・・普段あまり自分で整備とかをされない方は、自分でつけるかお店にお願いするかは要検討ですね。


装着後はこんな感じ。
まずは上から~。

DSC_1226_RRs.jpg

張り出しは最小限といった感じですね。
取り回しなんかで気にする必要はないでしょう。


正面から見てみますと~。

DSC_1225_RRs.jpg

殆どわからないくらいの張り出し。
あまり目立たないけど、しっかりとしたガードが欲しい方にはいいかもですね(フォグランプとかは付けることが出来ませんけど)。

まあ・・・このガードにお世話になることが無いのが一番なんですけどね~。







スポンサーサイト

コメント

[C521]

ヤマハのボックスって確かGIVIが製造してますよねぇ?
なのでリアキャリアのベース取り付けねじの位置って、GIVIのベースプレートのねじ位置と同じじゃないですか?
写真を見ると加工しなくても取り付けできそうな感じです。
GIVIのベースプレートが手元にあるなら試してみてはどうですか?

[C522] Re: タイトルなし

>シュウさん

確かにヤマハのBoxは基本GIVI製ですよね。
ユーロヤマハのものがどうなのかは判りませんけど、ネジ位置が同じ可能性も有るかもですね~。

でも残念ながらNCさんに付けてた物は、付けたまま下取りに出しちゃったので...
あと、出来ればNCさんに付けてたモノキーじゃなくって、モノロックが付けてみたいんですよね。

まあ、ポン付け出来なくっても、使えそうな材料は確保済みですので、あとはBOXが届いてからのお楽しみですね~(自作も楽しいですしね)。
  • 2015-06-14 23:57
  • yukanan
  • URL
  • 編集

[C523]

中国ほのうに今回は行かれていたのですね
うちの部署は出張ってものが、ほぼ無いけど( ̄Д ̄;) ガーン 出張で、とくに海外のほういくと、普段ではできない体験できますよね。旅行では行かない場所、食事に出会えたり。新しい発見などは、たまに( ̄Д ̄;) ガーン的なものもあるけど、多くが新鮮でワクワクできるものだしイイですよね(≧▽≦)
  • 2015-06-16 08:45
  • 灯里~akari~
  • URL
  • 編集

[C524] Re: タイトルなし

灯里さん>

観光で行くようなところと違って、お仕事で行くところは、その国の素に近いところが見れる感じがして良いですよね。

特に最近良く行く中国では、訪問先の社長(中国だと総経理ですね)さんが、色々案内してくれますので日本人だけでは、普通いけないようなところも。
その反面、日本人には合わないところも出てきますけどね;

でもまあ、お給料を貰えてこれだけいろんな体験が出来るというのは、素敵なことですね~。
  • 2015-06-16 20:00
  • yukanan
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekosukiring.blog84.fc2.com/tb.php/262-323c8ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

yukanan

VTR、WR、KSR、MSX125、MT-09トレーサーの5台で広島を中心に走ってます。
自転車も3台となりましたので、車と合わせて、ついに20輪生活に。

何だかこのところ、山の比重が急激に上がってます。

Extra

プロフィール

yukanan

Author:yukanan
VTR、WR、KSR、MSX125、MT-09トレーサーの5台で広島を中心に走ってます。
自転車も3台となりましたので、車と合わせて、ついに20輪生活に。

何だかこのところ、山の比重が急激に上がってます。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード