Entries

常夏の国から極寒に

この前は常夏の国、インドネシアに行って来たのですが・・・戻ってきた翌週は極寒に地へ。

行って来たのは中国、黒龍江省の密山市。
中国の東北部でロシアとの国境の町ですね(昨年7月にも行ってました)。

密山


緯度は広島と殆ど同じですけど、緯度は日本の最北端と同じです。
ということで・・・とっても寒いです;;

DSC_0589_RR.jpg

市内は一面の雪。
ということで、もっとも寒いこの時期は昼間でも当然気温はマイナスです。
最低気温は-20℃近く、最高気温は-5~10℃といった感じでしょうか・・・。
寒いのは苦手ですので、ちょっとつらいです。


でも、寒さのおかげで日本ではできない体験も。

DSC_0566_RR.jpg

凍結した兴凯湖です。
琵琶湖よりも何倍も大きな湖ですから、湖畔からは全く対岸が見えません。


この時期は湖全体が1m以上の厚さの氷に覆われているそうです。
なので、撮影場所も氷の上。
車が乗っても全く問題なしです。

DSC_0572_RR.jpg


そして、驚いたのが氷の透明度と滑らかさ。

DSC_0568_RR.jpg

写真ではちょとわかりにくいかもですが、割れ目の部分以外は気泡を殆ど含んでいなくて1m以上下まで凍っているのがわかります。
表面も凹凸がなくってそのままスケートが出来そうなくらい。
自然にここまで綺麗に凍るってすごいですね~。


DSC_0575_RR.jpg

そして、場所によってはこんな氷の造形も。
これまで海外は南ばかりでしたから、貴重な体験ですね~。



でも、中国でのお仕事には一つ大きな問題があるのです。

それは食事。

べつに中華料理が嫌いということは無いのですが(油が多いのは苦手ですけど)・・・
食べきれないほどの料理&昼間からでも普通にお酒が出てくるのが中国での接待なので・・・

昼夜問わず、山のような料理&お酒が出てきます。

DSC_0548_RR.jpg


こちらは到着した日のお昼。
どうみても7人分ではありませんね;

そして、この量が毎食(5日間)続くのですよ・・・

DSC_0549_RR.jpg
DSC_0582_RR.jpg
DSC_0563_RR.jpg
DSC_0585_RR.jpg
DSC_0590_RR.jpg
DSC_0597_RR.jpg



毎食こんな感じ・・・・
確かに美味しいのですが・・・・毎食の昼夜これは厳しいです。
中国はこれがあるので苦手なんですよね;;



ちなみに最後の写真は餃子メインの食事なんですけど、中国の東北地方では最後の食事は餃子というのが定番なのだとか。
餃子の革を包むことから転じて、口を塞ぐ・・・つまり商談なんかの内容を他言しないとの意味があるのだとか。



そして今回は帰りの乗り継ぎの関係で少し時間があったので、天安門へ。



DSC_0615_RR.jpg

DSC_0612_RR.jpg

着いたのが5時過ぎでしたから、一部しか見れませんでしたけど、とっても広い~。
全部見て回るには1日必要そうですね。



7泊8日の中国出張、食事はきつかったですが、なかなか貴重な体験でした~。
(写真だけ見ますと遊んでるように見えますが・・・ちゃんとお仕事もしてきましたよ?)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekosukiring.blog84.fc2.com/tb.php/243-2aeb1e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

yukanan

VTR、WR、KSR、MSX125、MT-09トレーサーの5台で広島を中心に走ってます。
自転車も3台となりましたので、車と合わせて、ついに20輪生活に。

何だかこのところ、山の比重が急激に上がってます。

Extra

プロフィール

yukanan

Author:yukanan
VTR、WR、KSR、MSX125、MT-09トレーサーの5台で広島を中心に走ってます。
自転車も3台となりましたので、車と合わせて、ついに20輪生活に。

何だかこのところ、山の比重が急激に上がってます。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード